Rinko☆Galerie

rinkolily.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今度は

先週、今週とオーケストラでStrawinskyの「春の祭典」をやってました。今日が本番。学校のLRSが90%くらい埋まってたかな。結構お客さんくるもんだな。(AMT=Angewante Musiktheorie の授業できてる生徒もいるけどね。) AMTの授業については後ほど。

私は前回に引き続き大きい楽器。(結局コントラバスフルートはふけませんでしたが・・)なにかと大きい楽器に縁があります。今回はアルトフルート。「春の祭典」では結構アルトフルートのSoloがあってなかなか楽しいです。でもやっぱり大きかったよ。今までアルトフルートを吹くときはU字管を使ってたけど、今回借りた学校の楽器にはついておらず、まっすぐな頭部管で吹く羽目になりました。

長いし、重いし、しかもやっぱり無理しないと右手の小指とどかないし・・・でかすぎだよ。
ちなみに長さは私の足の長さよりちょっとながいくらい。ウエストまではいかないかな。(コンサートで吹き終わって拍手もらってるときにふと計ってみました)

一番最初の木管の練習の時、オーボエの子が私の吹く姿を見て

「写真撮っていい?」て言ってくるし、周りから見てもつらそうに見えたらしい。その子に携帯で写真を本当に撮られた(しかもかまえてるところ。)



でも曲中ず~~~っと吹いてるわけじゃなかったからなんとかなって楽しく終わることができました。オケは慣れると楽しいかも。今日のところはソロよりオケのほうが好き。
[PR]
by rinko-lily | 2006-10-14 06:09 | 学校

Floetenquartett

学校始まって早々、Masterのフルートの生徒によるフルートカルテットがありました。
Schmidinger(40~50歳のおじさん)の現代曲。私はコントラバスフルート。

コントラバスフルートってb0079561_3344148.jpg
こんなの。みたことある?

私は大学生の時フルートオケで遠目にしかみたことありませんでした。
こんなんふけないでしょ。







ほんとに吹けませんでした。

立って吹く楽器だけど、楽器の一番したの高さを調節できる棒を一番低くしても身長ぎりぎりで
左手は大丈夫だったけど右手が・・・・キィのところに手を持っていくだけで腱鞘炎になりそうなくらい痛いし、小指はまったくとどかなーーーーい。

ここまで大きい楽器だったとは。びっくり。
私をコントラに選ばないでほしかった。


というわけでふつーのフルートに交換してもらい、個人練の時間もとれまいままなんとかかんとか無事終わったのでした。
[PR]
by rinko-lily | 2006-10-03 03:41 | 学校

大学院生

今学期から大学院生になりました。

これから2年間がんばろうと誓ったのに


最初のセミナーで


もうだめ・・・・・・・・・・ っと思ってしまった。3時間心臓ばくばくして緊張しっぱなし。


そのセミナーは結局マスターの学生はとらなきゃいけなかったものだったけど、セミナーを受けている間はとらなきゃいけないものとはつゆしらず・・・


学校が始まったのに、まだ学校のシステム他がわかってない私でした。
[PR]
by rinko-lily | 2006-10-02 22:25 | 学校